学生が企業で就業体験を行い、卒業後の就職に向けて会社で働くイメージを持ち、
ビジネススキルを身に付けるための研修制度です。
当社が取組んでいる「インターンシップ支援」においては、海外の大学機関にてそれぞれ専攻学科において
学んでいる特性や特徴を伸ばすための研修と位置づけ、

将来において日本で働きたいという希望を持って頂き、
日本での企業を知って頂くと共に、日本を更に知ってもらうための研修と考えております。
多くの企業様においてこの研修制度を知って頂き、海外人材とふれあう一つのきっかけになればと考えております。
希望を持つ、多くの学生が将来に向けて日本での研修を希望しております。
是非とも、海外人材とのふれあいを体験してください。

インターンシップを受け入れるメリット

自己アピールのチャンス

インターンシップを
受入れることで海外の学生たちに広く
自社を知って貰えるので、
会社の知名度向上につながります。

企業の国際化

日本語以外に外国語が話せるのは勿論、
他の国での生活習慣の違いが大きな

刺激になる点があります。
また、利用客層の幅も広がります。

新卒採用水面下での早期対応

就活生の約7割がインターン経験者
というデータが出ており、インターンシップの
受入れが採用成功を左右するとも
考えられております。
インターンでは仕事ぶりを確認した上で

内定を出すこともできるため、
早くから人材の確保ができる
メリットもあります。

対象学生

・4年制大学に在学
・外国語学部、日本語学科、英語学科、ホテルホスピタリティー、観光学、デザイン学科等を専攻している学生

受け入れ対象国

  • 台湾
  • ベトナム
  • インドネシア
  • ポーランド
  • ハンガリー
  • ロシア
  • タイ
  • インド
  • マレーシア
  • カンボジア
  • ケニア
  • エチオピア
  • ボスニア
  • ウズベキスタン
  • エジプト
  • チュニジア
  • イギリス

インターン生が戦力になる4つのパターン

※対象国や提携大学・学科によりコース・期間が変わります。